グリーンゼリー 成功率

グリーンゼリーの成功率を81%に上げるコツがわかりました!

グリーンゼリー 成功率

 

男の子を授かりたいときに使うと確率が上がると言われている『グリーンゼリー

 

男の子になる精子Y染色体は、アルカリ性に強く・酸性に弱いという特徴があります。

 

グリーンゼリーは、アルカリ性でできており、女性の膣がアルカリ性になっていることで、男の子になる精子の状態がよくなると言われていますが、

 

  • グリーンゼリーを使って男の子になる確率はどれくらいなの?
  • どのグリーンゼリーが成功率が高いの?
  • 失敗した人はどれくらいいるものなの?

 

こんなことが気になったりしますよね。

 

筆者も、男の子の妊娠にチャレンジしたことがありますが、成功例や失敗例についてとても気になったものでした。

 

 

こちらの記事では、グリーンゼリーの成功率についてご紹介しています。

 

調べてみると、男の子を妊娠する確率を81%以上にする方法というものがわかってきました。

 

気になる方は、どうぞ最後までご覧くださいませ。

 

 

グリーンゼリーの成功率は何パーセント!?

グリーンゼリー 成功率

実際、男の子を妊娠するための妊活を実践していく際、グリーンゼリーを使うと何パーセントの確率で男の子になるのか気になります。

 

そこで、産み分けの本も出版している産婦人科医の意見を調べてみました。

 

すると、こんなことを言われていました。

 

「産み分けの結果が、グリーンゼリーを使っただけの結果であるかは調べようがない」

 

男の子を授かるための成功を握るカギは、1つだけではありません。

 

  • 排卵日当日に濃厚なセックスをする
  • 男性は精子を貯めておく
  • グリーンゼリーを使って膣をアルカリ性にする
  • リンカルを事前に服用しておく

 

このような様々な要因が重なることで、男の子妊娠の確率が上がっていきます。

 

  • グリーンゼリーは使ったけれど、排卵日前にあっさりセックスした
  • リンカルは飲まずにタイミングを取った

 

など、方法が様々になってくると、確率を割り出すのも難しくなってきます。

 

 

しかし、こんなデータがあるのもまた事実のようです。

 

産み分けのポイントをしっかりと正しく抑え、実践した夫婦の産み分け成功率は、

 

男の子81%
女の子80%

 

というデータがあります。

 

引用『女の子・男の子産み分けBOOK』

 

これは、グリーンゼリーを使っただけの成功率ではありませんが、

 

ポイントを押さえて、実践を行った場合、男の子なら81%の確率で成功しているという心強いデータです。

 

 

男の子を妊娠するためのポイントをおさらい

 

成功率81%と言われている男の子を妊娠するためのポイントを再度抑えていきたいと思います。

 

アルカリ性度の高いグリーンゼリーを選んで使用すること

 

グリーンゼリーを使う最大の目的は、膣をしっかりアルカリ性に保っておくということになります。

 

現在、5種類のグリーンゼリーが発売されていますが、それぞれにアルカリ性度が少しずつ異なります。

 

グリーンゼリー 成功率

 

アルカリ性度が8以上と比較的高くなっているのは、

 

  • ベイビーサポートfor boy
  • ハローベビーボーイプレミアム
  • SS研究会のグリーンゼリー

 

これらのゼリーがアルカリ性度が高めとなっています。

グリーンゼリー 成功率

 

しっかりと膣をアルカリ性に傾けておくために以下のゼリーがおすすめとなります。

 

ベイビーサポートfor boy

 

 

グリーンゼリーおすすめ

 

 

 

ハローベビーボーイプレミアム

 

 

グリーンゼリーおすすめ

 

 

 

SS研究会 グリーンゼリー

 

 

グリーンゼリーおすすめ

 

性別を選ぶ妊活指導を実施しているお近くの病院で処方してもらえます。

 

ゼリー選びで迷われている方は、これらのグリーンゼリーであれば間違いないかと思います。

 

濃厚なセックスをすること

 

女性の膣は、もともと酸性です。

 

酸性の状態だと、女の子になるX精子が優位な状態になってしまいます。

 

そこで、男の子を妊娠するためには、なるべく女性の膣をアルカリ性にしていく工夫をする必要があります。

 

その1つがグリーンゼリーの使用です。

 

そのほかにも、女性の膣がアルカリ性に傾くことがあります。

 

それが、

 

  • 排卵時期
  • セックスで気持ちよくなった時

 

このような状態になると、女性は膣からアルカリ性の粘液を分泌します。

 

セックスをするときは、しっかりと前戯をし、女性が気持ちよくなるということも男の子を妊娠するための大事なポイントであると言えます。

 

排卵日当日にタイミングを取ること

 

男の子になるY精子の寿命は、約24時間と女の子になるX精子の寿命よりも短くなっています。

 

女の子になるX精子は約70時間生きると言われています。

 

そこで大事になってくるのが、タイミングを取る時期です。

 

排卵日よりも早い時期にタイミングを取ったとしても、排卵する頃には、Y精子の寿命が尽きてしまい、卵管の周りにいる精子はX精子ばかりという状況になってしまいます。

 

 

排卵検査薬や基礎体温を測って、しっかりと排卵日を特定し、その日にタイミングを取ることで男の子になる確率が高まっていきます。

 

パパは禁欲して精子を貯めておくこと

 

男性の精子は、禁欲することで、男の子になるY精子から補充されるという特徴があります。

 

グリーンゼリー 成功率

 

排卵日が近くなったら、パパはなるべく禁欲し、Y精子がたくさんいる状態というのを作るというのも大事になってきます。

 

リンカルというカルシウム剤を飲んでおくこと

 

リンカルというカルシウム剤を飲むのも男の子を妊娠するためのポイントになってきます。

 

もともと、リンカル(リン酸カルシウム)というのは、昔、無脳児を生んだことのある妊婦さんに与えられていました。

 

そして、リンカルを飲んで妊娠した母親は全員元気な子を出産したのですが、なんと全員が男の子だったそうです。

 

このことから、リンカルと男の子の関連性が指摘されるようになり、男の子が欲しいと希望する人に処方されるようになったんです。

 

リンカルは、もともとは、性別を選ぶ妊活を実施している産婦人科でしか手に入りませんでしたが、最近では、妊活ゼリーのベイビーサポートを購入する際に一緒に買うことができるようになりました。

 

ベイビーサポートfor boy

 

 

グリーンゼリーおすすめ

 

 

 

リンカルだけで購入することはできませんが、グリーンゼリー購入時に一緒に注文することができるようになっています。

 

これらのポイントをしっかりと実践することで、男の子を妊娠する成功率が81%にまで上がると言われています。

 

何もせずに妊活をした時の男の子になる確率が50%だとすると、これらを実践することで31%もアップさせることができるんですね。

 

グリーンゼリーの成功率は100%ではありません

 

これだけのポイントを実践して妊活を行ったとしても、男の子になる確率は81%と言われています。

 

人間の体ですから、100%というのは難しく、同じように実践しても19%の人は男の子に妊娠に失敗ということになってしまうのも事実です。

 

そのようなことをしっかりと理解したうえで、ご夫婦でしっかりと話し合い、チャレンジしてみるようにしましょう。